So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2019年 阿波踊り・見る阿呆ツーリング

8月18日 奈良の金魚すくい世界大会の後、昼から大阪の天神橋筋商店街天神天満阿波踊りが開催されるとの事で急いで大阪へ逆戻り。


バイクはこういう時には機動性があって便利。第二阪奈から阪神高速の扇町でおりたらすぐに到着


阿波踊りのスタートはJR天満駅の西側の、日本一長い商店街といわれる天神橋筋商店街の四番街から。




s1 (640x480).jpg


住んでんる尼崎の市場はシャッター通りになっていて日曜日でも閑散としてますが、さすがに日本一の商店街です。人混みで歩くのも大変なほど。こんな通りで阿波踊り? ホンマかいなーと思っていたら鳥追い笠を被った方々がどんどん集合してきてカメラマン達が騒ぎ始めました

s2 (640x480).jpg


PM2時20分 開会のあいさつの後、扇町高校吹奏楽部オーキーズのパレードが始まりました

s3 (640x480).jpg


買物客、観光客等で混雑してましたがパレードが始まるとスムーズに進行。すごくフレンドリーでyoutubeで有名な京都橘高校の吹奏楽部を思い出しました。

s4 (640x480).jpg


最初にやってきたのは神戸ちるど連。阪神淡路大震災後に小学生7人でスタートした連です。は阿波踊りのグループの事です。

s5 (640x480).jpg


当時の踊り子さんたちはもうベテランでしょうがまた子供たちに伝承されてるようです。

s6 (640x480).jpg


次は南大阪連。平成3年に徳島出身者で結成された連です。

s7 (640x480).jpg


s8 (640x480).jpg


各連には鳴り物(三味線・締太鼓・大太鼓・笛等)がついていて、阿波踊りは単調なリズムと思っていたら大間違いでした!


太鼓の音は腹に響くし単調なリズム以外に動と静のリズムがあってそのリズムに合わせて踊りも変わります

s9 (640x480).jpg


次は六甲連。長年神戸で阿波踊りを楽しんでた方々が立ち上げた連。てんばらとはてんでんばらばらという意味で気にしないで踊ろうという事かな?

s10 (640x480).jpg


s11 (640x480).jpg


次はにしき連。南河内を中心に活動してる連です。

s12 (640x480).jpg



s13 (640x480).jpg



s14 (640x480).jpg


最後に待ってましたとばかりに天水連の方々が。 踊り子の数、鳴り物の数からして徳島に負けないくらい本格的です。平成7年に結成

s15 (640x480).jpg


こんな狭いアーケードの中で完全なフォーメーションで阿波踊りを披露して下さいました

s16 (640x480).jpg


鳴り物も延々と続きます。。。

s17 (640x480).jpg


s18 (640x480).jpg


天神橋筋3丁目で給水所があり皆さんそこで給水タイム。アーケード内といっても本当に熱く、踊るのも大変です。

s19 (640x480).jpg


s20 (640x480).jpg


アーケード内での盆踊りはこれで終わり。つづいて午後4時から大阪天満宮で奉納盆踊りの続きが執り行われます。

時間があるので一旦 堺筋本町の事務所に戻り仕事のメールをチェックし天満宮へ

s21 (640x480).jpg


すでに各連の選抜で盆踊りが始まってました。ぞめきの拍子と踊り子さんたちの黄色い掛け声で凄い盛り上がってます! ぞめきとは阿波踊りのお囃子で2拍子のリズム。

s22 (640x480).jpg


それが終わると各連の踊りの披露です。まずはちるど連

s23 (640x480).jpg


続いて南大阪連

s24 (640x480).jpg


s25 (640x480).jpg


s26 (640x480).jpg


なにわ連の方々。関西在住者をメインに結成された連。

s27 (640x480).jpg


ぞめきの中でも超スローモーションな動きになったり、下駄にも関わらず難しい決めポーズで静止したり本当に多種多様な動きです。

s28 (640x480).jpg


単調なリズムの中で踊りのフォーメーションがどんどん変化する・どのタイミングかは全く見てる側ではわかりませんが踊ってる側はわかってるのですね!完璧なタイミングで変化します

s29 (640x480).jpg


こちらは大仏連。平成14年に奈良の徳島県人会によって結成された連。着物が綺麗で鹿のデザインがありました。

s30 (640x480).jpg


決まりました!

s31 (640x480).jpg


やっと天水連の番です。

s32 (640x480).jpg


もう言うことなく見とれてしまいます

s33 (640x480).jpg


女踊りの場合は腰に印籠、背中に団扇がセットのようです。

s34 (640x480).jpg


歳のせいか伝統的な物や人に興味が変わってきてます。

s35 (640x480).jpg


本当に見入ってしまう美しさです

s36 (640x480).jpg


s37 (640x480).jpg


踊る側も凄いのですが、鳴り物側も凄いです。三味線のソロパートを完璧に弾きこなしてました

s38 (640x480).jpg


最後は入り混じっての踊りです。

s39 (640x480).jpg


すぐに帰るつもりでしたが、完全に見る阿呆になってました。


最後は見物人も含めての総踊りとなりましたがさすがに退散することに。


今の多人数のアイドルユニットのダンスよりはるかに凄い阿波踊りのフォーメーションダンス、たった半日で魅了されました。来年は本場徳島へ見に行きたいと思いますが、東京オリンピックの閉会式で華麗な踊りが披露されるかもしれませんね!


nice!(38)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

2019年 金魚すくい世界大会!大和郡山ツーリング

8月18日 毎年8月に奈良の大和郡山市で行われてる全国金魚すくい大会が今年は世界大会に格上げになったとの事で行ってみる事に。



盆休み最終日ということで高速はガラガラ。阪神高速~第二阪奈もガラガラであっという間に大和郡山の金魚スクエアに到着。

しかしここだけは熱気ムンムンで盛り上がってました。

k1 (640x480).jpg


市の新しいマンホールのデザインが披露されてました。

k2 (640x480).jpg


ちょっと派手すぎる感もします

k3 (640x480).jpg


金魚のマスコット。左がデメッキー 右がきんとっと。2年前はデメッキーは無かったような・・・

k4 (640x480).jpg


多分日本でしか開催されていないので宇宙一決定戦でも通じるかも?

k5 (480x640).jpg


競技まで時間があるので参加者たちは練習場でギリギリまですくう練習をしてます。ちなみに大会の参加費は無料ですがここまでの交通費がかかるのでやはり地元有利ですね

k6 (640x480).jpg


金魚スクエア会場前の様子

k7 (640x480).jpg


入ってみます。ちょうど開催前のセレモニーが行われてました。

k8 (640x480).jpg


今年もMCはタージンさん。そしてゲストにあの超精密な金魚の絵を描く深堀隆介さんが来てました。会場のセンター(日の丸みたいなところ)でリアルタイムで絵を描くとか言ってました。 また会場のエントランスで作品を展示してると言ってましたがうっかり見ずに会場を離れてしまいました。。。

k9 (640x480).jpg


競技開催のファンファーレが。

k10 (640x480).jpg


選手入場です。一般の部の方々。日本各地から来ているようですが自費かどうかはわかりません。

k11 (640x480).jpg


各水槽には数名の審査員の方々が。すべてボランティアとの事です

k12 (640x480).jpg


ゆるキャラも盛り上げてます

k13 (640x480).jpg


競技スタート。3分間で何匹すくえるか・・・ただそれだけですが難しいと思います

k14 (640x480).jpg


好調な方にはテレビカメラが寄りますので余計に緊張するのでは?

k15 (640x480).jpg


大型スクリーンにも映し出されます

k16 (640x480).jpg


一般の部・小中学の部・団体戦と時間がかなりかかりますので、今年も雰囲気だけ味わって大和郡山へ散策へ


会場途中の郡山城跡

k17 (640x480).jpg


以前から気になってました金魚ストリート(柳町商店街)へ。一時期超有名になった金魚の電話BOXへ行ってみましたが、、、やはり撤去されてました。著作権の問題で撤去したそうです。

k18 (640x480).jpg


金魚電話BOXがあった時の様子。凄い賑わいですが撤去後は閑散としてました。。。

k17_R.JPG


こちらは金魚の自動改札機。開店していないので金魚は不在でした

k19 (640x480).jpg


その向かいにあるお店の金魚自販機。金魚を売ってるわけでなく自販機の中を金魚が泳いでます。

k20 (480x640).jpg


紺屋川沿いにある紺屋(藍染のお店)の灯篭風金魚鉢。涼し気に金魚が泳いでます

k21 (640x480).jpg


以前からある道路のマンホール。これらが最新のデザインに変わる?

k22 (640x480).jpg


途中で会場を離れましたが、優勝の結果は一般の部70匹 小中学生の部60匹 団体の部146匹との事でした。3分間であのポイでよくすくえるなと感心するばかりです。


世界大会でも外人さんは見かけませんでしたが、来年あたりからは参加されるかたが増えるかもしれませんね。


nice!(42)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

2019年 南あわじ・丹下健三氏 幻のモニュメント見学ツーリング

8月13日 洲本城からの続き~


南あわじの若人の広場という所に世界的に有名な建築家 丹下健三さんが設計されたモニュメントがあるとの事で、十分水分補給してから移動することに。




洲本城からは海岸沿いの南淡路水仙ラインというお気に入りの道を走行するので楽しみのはずが・・・・小雨が降りだし路面もかなり濡れてます。


台風10号の影響が出始めてるのか海も大荒れで海面が白く波立ってます


aw1 (640x480).jpg


テトラポット側に寄り波しぶきの様子を撮影してると・・・・ガ~ン この後大量の波しぶきを浴びる事に。。。


カメラを急いでハンカチで拭きバッグに仕舞いましたがはたして大丈夫か?

aw2 (640x480).jpg


カメラはどうやら大丈夫。路面が濡れてるのは波しぶきのせいでした。内海がこんなに荒れるとは流石に大型台風のことだけはあるなーと妙な感心をするのでありました。


aw3 (640x480).jpg


ちょうどこのあたり。。。 さいわい対向車が全く無いのでセンターよりを走行し何とか波しぶきを避けながら海岸線を離れる事に。


aw4 (640x480).jpg


阿万で76号線から25号線に入ります


aw5 (640x480).jpg


若人の広場に到着しました。奥に見える尖った建築物が目的です


aw6 (480x640).jpg


石積みの内部は展示館になっています

aw7 (640x480).jpg


aw8 (640x480).jpg


記念塔が見えてきました。

aw9 (640x480).jpg


記念塔と福良湾。養殖用の生け簀みたいなものが見えます

aw10 (640x480).jpg


こちらは展示館の屋上側

aw11 (640x480).jpg


記念塔に近づいてみます。これは建築家の丹下健三さんが設計され、昭和42年に建築されたとの事。記念塔はペンを示していて戦争に駆り出された若者の思いを表現されたものと思います。武器よりもペンをそんな感じでしょうか?

aw12 (480x640).jpg


下部には永遠の灯が灯ってます。

aw13 (480x640).jpg


裏側の様子。なにかスカイツリーの構造みたいな感じがするのは私だけでしょうか?

aw14 (480x640).jpg



若人の広場といっても実際は先の大戦で学徒が戦争に駆り出され、20万ちかくの命をおとした若者の追悼のための広場のようです。

aw15 (640x480).jpg


ここからの景色です。南側には大鳴門橋がきれいに見えます

aw16 (640x480).jpg


福良はやはり造船の町。造船ドッグが幾つも見えます

aw17 (640x480).jpg


コテージ風のキャンプ場も見えます

aw18 (640x480).jpg


aw19 (640x480).jpg


パッチワークに見える田んぼも景色ななります

aw20 (640x480).jpg


展示館は無料なので入ってみます

aw21 (640x480).jpg


aw22 (640x480).jpg


aw23 (640x480).jpg


学徒出陣の様子。聞こえはカッコいいのですが、要は普通の学生がお国から死んでこいって死刑宣告を受けたのと同じ事ではと思う。

aw24 (640x480).jpg


aw25 (640x480).jpg


展示館内部の様子

aw26 (640x480).jpg


aw27 (640x480).jpg


aw28 (640x480).jpg


aw29 (640x480).jpg


これら20万人近くの戦没者の追悼の為に丹下さんが記念塔を設計されたのですが、昭和42年のオープン式典に政治家や自衛隊関係者が出席することに反対した丹下さんは、式典を欠席し自身の作品集にもこれらを載せなかったそうです。幻の作品と言われる所以でしょうか。


その為来館者数は激減、廃館~阪神大震災で損傷~廃墟寸前まで荒れ果てたそうですが、南あわじ市が買い取って修復し再オープンして現在に至ってるとか。


奇しくも15日は終戦記念日。ここに来たのは偶然かもしれませんが、丹下健三さんの作品が見れたことは良かったと思います。


。。。色々と思いにふけながら帰路に着くのですが、帰りの明石海峡大橋は更に強風。バイクが強風で傾きながら真っすぐ走らせる?(ふつうは傾けた方向にバイクは進む)そんな恐怖のなか無事阪神高速へ。


これまた大渋滞が始まっていて途中で国道2号線におり下道で無事帰宅。


nice!(43)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

2019年 台風10号接近中の淡路島ツーリング

8月13日 3連休中は高速道路はどこも大渋滞。盆休み中とはいえ13日は多少なりとも渋滞解消されるだろうと凡才AIで予測。しかも13日以降なら台風で外出不可となるのでピンポイントで13日に 出発!


前回は瓦のピラミッドが目的でしたが、今回は明石海峡大橋が真正面に見える絶景ポイントがあるとの事で早速淡路島へGO!




凡才AIが予測したとおり阪神高速はすいてたが、、、京橋手前あたりで4台の車が絡む追突事故で4kmの渋滞。多少の我慢走行を強いられたが後は順調で淡路島の岩屋に到着。


強風で明石海峡大橋で多少あおられたが1時間ちょっとで到着。台風による強風が都会の汚れた空気を追い払ってくれてるので景色はきれいに見えます


w1 (640x480).jpg


大橋が真正面に見える海峡展望台はこのあわじ石の寝屋緑地内にあって途中の道案内がなく多少迷う事に。10時手前で到着。人っ子一人誰もいません。結構バイクツーリングは多かったようですがこういう所にはこないのでしょうね?


w2 (640x480).jpg


w3 (640x480).jpg


駐車場から展望台までは450mくらい。また上には120mくらい上ります。 休みかな?と思いきやイノシシ除けの柵がしてありました。 


奥に見える階段を上って行きます。

w4 (640x480).jpg


120mくらいは楽勝々と上り始めましたが、日ごろの不摂生と加齢のせいで何度も休憩。水分補給できる状態でなかったので本当に大変でした。

w5 (480x640).jpg


マムシに注意の看板も木の根っこかマムシか判断できないくらい疲労困憊。ようやく展望台が見えてきました

w6 (640x480).jpg


ここから神戸方面の景色です。本当に明石海峡大橋が真正面で見れます。しかも360°見渡せます。絶景独り占め!こんなところは他にないのでは?と疲れきった自分に言い聞かせるのでした。

w7 (640x480).jpg


正面に見える大橋を望遠でパシリ。何てことでしょう。。。本当に綺麗で微塵の狂いも無く日本の土木・橋梁技術の高さに今更に感嘆!


いつもは淡路SAから大橋の側面の写真ばかりでしたが真正面はまた格別です。苦労して上ってきた甲斐がありました!

w8 (640x480).jpg


疲労困憊の中、途中の管理小屋に水飲み場がありカランをひねるとお湯状態の水が。しかたなくバイクまで戻り自販機探し。 お茶のがぶ飲みで水分補給。


国道28号線に戻り志筑あたりで伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の案内板が。8km先なので寄ってみることに。

w9 (640x480).jpg


w10 (640x480).jpg


日本神話に登場するイザナギノミコトとイザナミノミコトが祭られてる最古の神社だとか。日本発祥にかかわる凄い神社?

w11 (640x480).jpg


境内図 HPより拝借

a55.jpg


参道を進み二の鳥居横に陽のみちしるべなる石碑が。

w12 (640x480).jpg


太陽の運行と日本各地に点在する名だたる神社の中心に伊弉諾神宮が鎮座してることを表してるようです。

w13 (640x480).jpg


何が書いてあるかさっぱり。なんとなくですが淡路島は神の島だと言ってるような・・・

w14 (640x480).jpg


放生の神池ではあまりの暑さのため亀も口から放水

w15 (640x480).jpg


正門から入ります。こちらは明治16年に再建されたとか。

w16 (640x480).jpg


拝殿

w17 (640x480).jpg


こちらは本殿。

w18 (640x480).jpg


w19 (640x480).jpg


樹齢900年の夫婦クス。900年部分が改ざんされてるような気がしますが、、、

w20 (480x640).jpg


こんなものもありました。髪と神をかけて髪を大切にしなければならないと。・・・そのとおり!バーコードになってはメットを取ってから苦笑されます。。。辛いなー

w21 (640x480).jpg


w22 (640x480).jpg


さすがに国生みにまつわる神社です。皇族の方々が植樹に来られてます。

w23 (480x640).jpg


w24 (480x640).jpg


国道28号線から洲本市に入り、いつものように海沿いの地方道76号線を走行。今回3回目の洲本城跡へ

w25 (640x480).jpg


天守閣への徒歩4分も今日は体にキツイ。

w26 (640x480).jpg


こちらは駐車場側の月見台。ここからの景色も最高ですが天守閣側の眺めもいいので老体に鞭打って歩きます

w27 (640x480).jpg


w28 (640x480).jpg


洲本城の天守閣です。昭和3年に昭和天皇即位の記念として建造された模擬天守との事。

w29 (640x480).jpg


境内にクスノキがありその窪みに観音像が置かれてました。以前は気づかなかったのですが、調べてもわかりません

w30 (480x640).jpg


そのうち祠とか出来るのでしょうか?

w31 (480x640).jpg


天守は洲本一の見晴らしがいい場所です。

w32 (640x480).jpg


洲本一の大浜海水浴場が眼下に見えます。

w33 (640x480).jpg


強風が疲れや熱さを和らげてくれるようなので暫くここで休憩。 また身体の節々が痛く本日はここらでパソコンを閉じます。 気力が回復したらまた続きをUPします。


それにしても真夏のツーリングはある意味修行みたい!?




nice!(40)  コメント(12) 
共通テーマ:バイク

世界の貯金箱・尼信会館プチ散歩

8月7日 本日も言うことなく酷暑。阪神尼崎駅近くの尼信会館児島真澄さんの油彩画展が開催されていたので見に行ったついでに尼信会館の世界の貯金箱博物館に寄ってみました




阪神尼崎駅北側。よく阪神タイガースが勝ったときにファンが集まる場所です。

a1 (640x480).jpg


駅すぐにたい焼 二万翁があります。なんと1匹70円(あんこ)です。さすがに尼崎は安い!2個買って缶コーヒーで流し込む

a2 (640x480).jpg


途中開明小学校の塀にこんな案内板が。

a3 (640x480).jpg


米軍機の機銃掃射の弾痕跡が残されてました。ただ痕が浅いので威力はなかったのかな?

a4 (640x480).jpg


阪神尼崎駅南側は寺町になっていて結構有名なお寺もありますが、近い場所はなかなか行かないです。

a5 (480x640).jpg



a6 (640x480).jpg


尼信会館が見えてきました。(手前の白い建物、レンガ造りの建物は旧尼崎信用金庫、奥の建物の1階が貯金箱博物館)

a7 (640x480).jpg


当時の尼崎信用金庫は尼信記念館として保存されています

a8 (480x640).jpg


a9 (640x480).jpg


尼信会館では油彩画展以外にもこのような催しも開催されてました。全て無料です

a10 (480x640).jpg


その後世界の貯金箱博物館へ

a11 (640x480).jpg


なんとここも無料でしかもエアコンがガンガン効いてます

a12 (480x640).jpg



なんと8000点もの貯金箱が展示されてます。ちょうど夏休みなので子供さん用にアニメやキャラクター物の貯金箱を前面に押し出してます

a13 (640x480).jpg


通常の貯金箱はテーマごとに纏めて展示されてます

a14 (640x480).jpg


国が違えば形も変わりますね!

a15 (640x480).jpg


欧米のスチール貯金箱。もはや芸術品

a16 (640x480).jpg


a17 (640x480).jpg


a18 (640x480).jpg


a19 (640x480).jpg


プロ野球チームのもあります。古いチーム名のも残ってます

a20 (640x480).jpg


風神・雷神のもあります。これは欲しい!

a21 (640x480).jpg


古い問屋なんかにあった木製の貯金箱。というよりは金庫に近い? 下部の板を畳で隠し、箱ごと盗まれないようにしてるとか。

a22 (640x480).jpg



もっとも古い貯金箱?貝を貨幣として流通していた時代の貯金箱。これはレプリカもありませんでした

a23 (640x480).jpg


古代ギリシャやエジプトの物もあります

a24 (640x480).jpg


室町時代の貯金箱。単なる瓶です

a25 (640x480).jpg


最新のキャラクター物も。

a26 (640x480).jpg


尼崎出身の漫画家・尼子騒兵衛(あまこそうべい)さんもきていました。本名は片根紀子さん。

a27 (640x480).jpg


もと金庫室にも貯金箱が

a28 (640x480).jpg


a29 (480x640).jpg


招き猫の色や手の上げ方にも意味があるようです

a30 (640x480).jpg


この宝船の貯金箱ならお金が増えそうです

a31 (640x480).jpg


a32 (640x480).jpg


500円貯金ならかなり貯まりそう

a33 (640x480).jpg


比較的なじみのあるウルトラマン型。

a34 (640x480).jpg


イギリス王室関連のも特別に展示

a35 (640x480).jpg


日本銀行の貯金箱。むしろ建物の模型と言ってもいいような。

a36 (640x480).jpg


尼信が預金獲得のためにやっていたタイガース優勝キャンペーン。 なかなか利息UPとか賞金山分けにはならなかった・・・・・

a37 (640x480).jpg


帰り際に貯金箱を頂きました。もちろん無料です

a38.jpg


無料で入れて貯金箱のお土産付とは尼崎の税収は大丈夫?と思ったけど尼信の運用でした。いまや銀行はマイナス金利で利益上げるのも大変ですがサービス向上のためにも継続して頂けたらと思います


nice!(44)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

見れない入れない世界遺産!百舌鳥・古市古墳群ツーリング

8月4日 酷暑のなか台風が来る前にバイクを駆りだす。世界遺産に登録される前に行った堺の仁徳天皇陵へ行ってみる事に




温風ドライヤーを浴びながらの走行?でしたが自宅からだと阪神高速の安治川から堺でおり、なんと20分足らずで到着

n1 (640x480).jpg


異様に暑い。駐車場に観光バスはそれなりに来てるようだが外国人が少ない。

n2 (640x480).jpg


世界遺産に登録されてもそんなに変わり映えしてないような気がします。

n3 (640x480).jpg


仁徳天皇陵の拝礼所。(ちょうど前方後円の前方の真ん中あたり) 以前から言われてるが墳墓の全容が全く見れないし、入ることすらできない。 みなさん周りを歩いてすぐにどこかへ。 う~んこれでは観光客増加は見込めないか?

n4 (640x480).jpg


れいの宮内庁の看板です

n5 (640x480).jpg


堀の様子

n6 (640x480).jpg


観光案内所近くの模型で全容がわかります

n7 (640x480).jpg


n8 (640x480).jpg


その観光案内所で古墳のパンフと地図をもらいました

n9 (480x640).jpg


ブラタモリで放送してましたがこの墳墓近くまでが昔は海だったそうです。海から来る諸外国人に墓の大きさを見せつけ権力を誇示したようですが、はたして海から見えたかどうかは???

n10 (640x480).jpg


天皇陵周りは歩けるようになってます。1周約2.7km

n11 (640x480).jpg


大きさはなんとなくわかったので博物館に行ってみる

n12 (640x480).jpg


n13 (640x480).jpg


n14 (640x480).jpg


ちょうどこのような催しを開催してましたがとにかく暑さから逃れるため常設展示(100円)を見る事に

n15 (640x480).jpg


ここにもゆるキャラがいました。その名もサカイタケル

n16 (640x480).jpg


中では周りの古墳群から出土した土器等が展示されてます

n17 (640x480).jpg


n24 (640x480).jpg


仁徳天皇陵の石棺も復元模型として展示

n18 (640x480).jpg


n19 (640x480).jpg


時代変遷で巨大火縄銃もありました

n20 (640x480).jpg


n21 (640x480).jpg


菱垣廻船の半割模型も

n22 (640x480).jpg


顔だしパネルも今流行のアニメ風

n23 (640x480).jpg


100円で十分身体が冷やされたところで大仙公園内の散策へ

n25 (640x480).jpg


公園内にも当然のごとく古墳がありますが、、、

n26 (640x480).jpg


ただのこんもりとした繁みにしかみえません。

n27 (640x480).jpg


平和塔もあります。塔下部には慰霊碑みたいな石碑がありました

n28 (480x640).jpg


どら池という名の池ですが非常に綺麗な池で、市民の方々がラジコンの帆船で楽しんでました

n29 (640x480).jpg


n30 (640x480).jpg


カモも今日の日差しではさすがにぐったり

n31 (640x480).jpg


n32 (640x480).jpg


木陰で休憩中です

n33 (640x480).jpg


本当に尋常ではないくらい暑い日でした。仁徳天皇陵も少しは見る事が出来るような施設が出来ればインバウンドも期待できますが大きな繁みを見るだけではこの先が難しいような気がしました。



nice!(40)  コメント(12) 
共通テーマ:バイク

納涼・水中花 中山道醒ヶ井ツーリング

7月28日 琵琶湖の鳥人間コンテストで好記録が続き、次のフライトまで1時間くらいの待ち時間があったので米原の醒ヶ井(さめがい)まで足を延ばすことに


 


テレビのニュースで 醒ヶ井宿の地蔵川梅花藻の白い花が咲き乱れてます との報道があり立ち寄った次第。


醒ヶ井は中山道の61番目の宿場町として栄えた場所。宿場をきりもりした施設「問屋場」が昔のままの姿で残っており非常に珍しいとの事。 30分くらいで到着

s1 (640x480).jpg


JR醒ヶ井駅。ここから醒ヶ井宿まで歩いて5分くらい。駅無料の駐車場があり大型観光バスから昔の若者達がどんどん降りてきます。(自分もその一人かな)

s2 (640x480).jpg


s3 (640x480).jpg


こちらは旧醒ヶ井郵便局。(現在は資料館として開放)ヴォーリズが設計に携わり建築されたのは大正時代。

s4 (640x480).jpg


内部は大正ロマンってな感じの創り

s5 (640x480).jpg


中山道を歩いてみます。各家の前に小さな地蔵川が流れてます

s6 (640x480).jpg


こちらの美術館にバイクを止めさせて頂きました。

s7 (640x480).jpg


醒ヶ井宿の様子

s8 (640x480).jpg


京都若狭にある鯖街道熊川宿によく似ています

s9 (640x480).jpg


このような昔の宿屋風建物が連なってます

s10 (640x480).jpg


s11 (640x480).jpg


今回の目的である水中で咲く梅花藻がよく見れるポイントにきました。 醒ヶ井宿資料館前が特に梅花藻が群生してるのですが、、、、、

s12 (640x480).jpg


前日の台風の影響で地蔵川が小川というより渓流になってました。当然大量の水量で梅花藻の花はほぼ見えません

s13 (480x640).jpg


あちこちから なんでやねん ってな文句が出てました。皆さん醒ヶ井宿よりも梅花藻の花が目当てのようです。

s14 (640x480).jpg


私が予備の安いデジカメを透明ビニール袋に入れ水中で写真を撮ってみました。すると周りの観光客からえらく褒められました。


その写真がこれです。 普段ならこの白い花が水面に出て川面に雪が積もってるように見えるのですが水が多すぎます。 真似して写そうとした方々もいましたが皆さん高級カメラのようなので諦めたようです


皆さんに写真を見せてとせがまれましたが強い日差しのため現場では上手く撮れたかどうかは?でした。

s15 (640x427).jpg


唯一梅花藻をタライで育ててるお店がありそこのタライの周りに人だかりができてました。

s16 (640x480).jpg


タライの水中花 (愛の水中花ではないです。。。)

s17 (640x480).jpg


梅花藻はキンポウゲ科の多年草の水草で、冷涼で清流でしか育たないとか。でもこのタライの中で育ってます。

s18 (640x480).jpg


水量が落ち着いたら実際にはこのような感じで見れます。(HPより拝借)

s41 (640x427).jpg


梅花藻以外にもこの地蔵川には希少生物のハリヨという小魚が生息してます。これも大量の水流で見れませんでしたが、普段でも目にする事が難しい貴重な魚との事

s40.jpg


梅花藻は諦めて周辺の散策へ。地蔵堂と居醒の清水。平成の水百選にも選ばれてますがちょっと飲める状態ではなかったです。

s20 (640x480).jpg


s21 (640x480).jpg


日本武尊が大蛇退治に毒蛇にかまれた体を癒したのがこの地の水で、居醒の清水と呼ばれてるとの事

s22 (640x480).jpg


こちらはその日本武尊の像

s23 (480x640).jpg


日本武尊が腰かけた石

s24 (640x480).jpg


台風の影響で梅花藻の花が見れるかな?という心配は見事に的中しましたが、中山道の宿場町の雰囲気を味わえるツーリングとなりました。



nice!(46)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

2019年 鳥人間コンテスト観戦ツーリング

7月28日 台風の余波が残る中、恒例となった琵琶湖での鳥人間コンテストを見に行く事に。降水確率40%とカッパ持参での出発


ネット情報では人力プロペラ部門は無事に開催されるとの事。




久しぶりの長距離ツーリング。名神高速の尼崎から彦根ICへ。途中菩提樹PAで水分補給。

t1 (480x640).jpg


信楽焼のタヌキと天然記念物のウツクシマツ。

t2 (640x480).jpg


彦根ICでおり彦根城を右に見ながら琵琶湖湖岸道路(さざなみ街道)を右方向へ走ると会場に到着。 普段なら彦根城自体立派なツーリング目的ですが今回はパス。


昨日(27日)の滑空部門は台風の影響で中断したとかで、今日は一転蒸し暑いくらい。

t3 (640x480).jpg


t4 (640x480).jpg


毎回止めるバイク専用駐車場。当然無料です

t5 (640x480).jpg


今回もイワタニさんが1企業でのスポンサー。会場の設営も変わり映えしません。

t6 (640x480).jpg


大会本部(ドーム状のテント)と応援席および観客席の様子。あのクレーン上のカメラマンはトイレとかどうしてるのか毎回疑問に思う。

t7 (640x480).jpg


本部側にきました。

t8 (640x480).jpg


今回のMCは東野さんからナイナイの矢部さんになったようでそれ以外に芸能人の方々が来られてるようです。でも1日暑い中拘束されるので大変です。

t9 (640x480).jpg


滝沢カレンさん?と思い望遠でパシリ。

t10 (640x480).jpg


やはり滝沢さんでした。 テレビよりもはるかに綺麗な方でした。滝沢さんは鳥人間って鳥のような人の集まりと思って仕事を受けたそうです。 テレビのまんまの面白い方ですね!

t11 (640x480).jpg


マイクを持ってるのはプロレスラーの真壁さん。他に武井壮さん、元宝塚の紫吹さん、アインシュタインの稲田さんがいました。(多分)

t12 (640x480).jpg


毎回人力プロペラ部門はスタートが早く10時半到着時にはNo10の京都大学までが終わってました。 大工大はまた見れず。。。残念

t13 (640x480).jpg


プラットフォーム上には次のチームがスタンバイ。本部側にいると巨大スピーカーの音声が聞き取りにくくどのチームなのかよくわかりません

t14 (640x480).jpg


綺麗にテイクオフ、と同時に実況中継と救護のモーターボートが一斉にスタート。

t15 (640x480).jpg


t16 (640x480).jpg


このプロペラ部門の弱点は、最近飛行距離が延びていて着水・パイロット救護・機体回収の後次のチームがフライトするので一度好記録が出るとずーっと待ちぼうけになります。


という事で会場内を散策する事に。


バードマン憧れのプラットフォームです

t17 (640x480).jpg


でも斜面上で1時間近くも待機するのも大変です。

t18 (640x480).jpg


そうこうするうちに静岡大学のチームがテイクオフ。 主翼が本体の下部にある変わった機体です。

t19 (640x480).jpg


実に綺麗なテイクオフでしたが250m超えたあたりで左の主翼が折れて落下。 写真でも折れる寸前の様子が映ってました。

t20 (640x480).jpg


距離がなかったので機体とパイロットはすぐに戻ってきましたが、なんと女性の方でした。仲間が迎えに来てましたが、かなり号泣されてたようです。機体の強度不足かもしれません。青春の1ページを垣間見たようでした。

t21 (640x480).jpg


鳥人間コンテストよりもバードマン・ラリーのほうがかっこいい!

t22 (640x480).jpg


ジャパン・インターナショナルならそのうち海外勢も参加するかもしれませんね!というより日本の強豪チームがドーバー海峡を飛んでくれたらいいな~と思います。

t23 (640x480).jpg

本日は20km以上フライトしてるチームもあったようです。


そうこうしてる内に次のフライトの準備が。

t24 (640x480).jpg


これまた綺麗なテイクオフ。

t25 (640x480).jpg


またまたボートが走り出します

t26 (640x480).jpg


見事な姿勢です

t27 (640x480).jpg


また当分は待ちぼうけになります。大会本部では巨大スクリーンで飛行機の様子が見れてるようなので時折歓声が上がりますが、観客は何が起こってるかサッパリ?


ただ期待されてた東北大チームが5000mちょっとで着水しパイロットの号泣シーンが結構長く放映されてたようです。


こちらは多分テレビ放映では映されないかもしれませんが、機体回収の様子です。発砲スチロールやビニールの一切れまで完全に回収してます。

t28 (640x480).jpg


原形をとどめてる物もあります

t29 (640x480).jpg


こういう裏方さん達の活躍も大切ですね!

t30 (640x480).jpg


翼も近くで見るとかなり長く、手際良く解体されていきます。

t31 (640x480).jpg


こんな巨大な翼も回収されました。

t32 (640x480).jpg


会場に入ると全員に配られるグッズ(と言ってもテイクオフ順のパンフと紙の団扇と何か当たる抽選券)

t33 (640x480).jpg


抽選は子供さん達が多かったので参加せず。また非常に蒸し暑く長居無用と感じ途中で会場を離れたのでどこが優勝か不明ですがそれは8月のテレビで確認を。


このパンフにあるように最初はほぼハンググライダーからの出発でした。それがどんどん改良され飛行機型になりプロペラがつくように発展。


そのうちドローンタイプが出てくるかどうかはわかりませんが、各チーム飛行時間が長くなればチーム数を減らすか出発方法を変えなければ時間が足りなくなりそうです。


今や夏の恒例行事みたいになってますが、今後の大会運営についてもどうなっていくか興味がありますね


nice!(37)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

ポツンと国宝 蟹満寺ツーリング

7月15日の正寿院風鈴祭りの帰り、偶然蟹満寺の案内板を見かけ立ち寄ってみた。




ちょうど国道24号線を木津川沿いに南下してる時に偶然案内板を発見。一度通り過ぎたが、以前テレビで 今でしょの林修さんが紹介してたのを思い出しUターン


k1.jpg


国道24号線からは細道をウロウロしてようやく駐車場に到着

k2.jpg


全く周辺にひと気がありません。

k3.jpg


本当に変わった名前のお寺です。

k4.jpg


へんぴな場所にある蟹満寺ですがご本尊の釈迦如来はなんと国宝です

k5.jpg


国宝巡礼の催しが。京都市内のゴミゴミした場所ではなくポツン寺どうしのタイアップみたいです。

k6.jpg


本堂です。

k7.jpg


香炉には蟹のシンボルが。

k8.jpg


昔の神社仏閣の雨樋の処理に興味があり色々見てますが、本堂の雨水処理は水壺で受け溢れた雨水は砂利部で地面に浸透させてるようです

k9.jpg


水壺にも蟹が。

k10.jpg


本堂入口上部にも蟹の紋章が。 その他賽銭箱や瓦にも蟹の模様がありました。

k11.jpg


拝観料500円支払い本堂へ。入ってすぐにボタンを押すと自動で音声案内が始まりました。


蟹満寺の由来は、その昔娘さんが蟹を捕まえて食べようとしてる者から蟹を助ける為に家の魚と交換し蟹を逃がした。


いっぽうその父は畑で蛇が蛙を捕まえてるのを見て蛙を逃がす代わりに娘の婿として蛇を受け入れようと無茶な申し出で蛙を助けた。


後日蛇の化身が家に来たけど蟹が退治してその跡地に寺を建立したのが始まりとの事 (蛙は恩返し無し?)


本堂内は狭く国宝の釈迦如来坐像が手で触れるくらいです。指の間の水かきも間近で見れますが、写真が撮れないので先ほどのポスターを加工しました。


k77 (548x640).jpg


蟹満寺の釈迦如来については謎だらけで色々と研究されてるそうです。そもそも国宝が京都や奈良の中心部から離れた蟹満寺にあるのは移設されたからでは?との説があり坐像の台座・下部の状態を調査。


結果もとからこの地にあったものだとの結論。余計に謎が深まってるとの事。昔は境内が奈良・京都中心部にある仏閣に負けない位広大だったとの説もあるようで。。。



空海のお遍路像もあります。

k12.jpg


k14.jpg


毎年4月18日には蟹の料理店や旅館関係者が集い蟹供養放生会が執り行われるそうです。


交通の便は悪いですが、ゆっくり国宝を拝見できました。(正寿院と違って私1人っきりの貸切拝観でした)


nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

50万本のヒマワリ!兵庫・小野市ツーリング

7月21日 ずーっと雨模様の毎日ですが本当にうっとおしいですね!

 今日も降水確率30%の有難い天気の中 小野市のひまわりの丘公園でヒマワリが見頃という事で行ってみる事に




先日 紫電改を見に行った通りの高速で今回は山陽道の三木小野ICで降り、国道175号線を北上するとひまわりの丘公園に到着。


175号線はガラガラなのに公園前の交差点では既に大渋滞。右折信号でも全く進めずイライラしましたがようやく到着


広い公園で駐車場も3か所ありますが既に満車。これからどんどん渋滞が酷くなる予感。でもバイクは簡単に駐車。

o1 (640x480).jpg


小野市の観光マップ。ひまわりの後は広渡廃寺跡公園子午線公園市役所の観光ルート決定

o2 (640x480).jpg


AM10時で全ての駐車場が満車。見頃が来週末までのようで皆さん急きょこの天気でも来園されたのでは?

o3 (640x480).jpg


畑の広さは分からないのですがなんと50万本!のヒマワリが咲いてるとの事です。


公園の対岸の畑へ渡ると、、、

o4 (640x480).jpg


広大なヒマワリ畑が広がってます。

o5 (640x480).jpg


この数週間 太陽が出た日数は殆どなかったです。。。。

o6 (640x480).jpg


ですのでヒマワリがどの方向に向かって咲くのか興味がありました。。。

o7 (640x480).jpg


全員東を向いて咲いてました。太陽が昇る方向に咲くのでしょう。

o8 (640x480).jpg


青空をバックに撮りたかったのですが今年は無理でしたね!

o9 (640x480).jpg


o10 (640x480).jpg


石巻のヒマワリも種分けで咲いてるとの事です。多分背丈の高いのがそれだと思います。ど根性ひまわりとの事

o11 (640x480).jpg


夏の花ヒマワリにはやはり曇天よりも青空が似合いますね!

o12 (640x480).jpg


ヒマワリ畑から公園内を散策する事に。時計台のデザインもヒマワリになっています。

o13 (640x480).jpg


こちらは公園のシンボルタワーのひまわりの塔。1991年ふるさと創生事事業として建てられたとの事。

o14 (640x480).jpg


てっぺんのデザインがこれまたヒマワリ

o15 (640x480).jpg


o16 (640x480).jpg


ヒマワリを十分堪能したので次は日本一大きい模型のある広渡廃寺跡歴史公園に行ってみる。 5分くらいで到着

o17 (640x480).jpg


奈良の薬師寺と同じような伽藍もった寺院があったとの事。名前がややこしい。廃寺になったのか廃寺まで含めた名前なのか?

o18 (480x640).jpg


o19 (640x480).jpg


寺の跡です。基礎が残っています

o20 (640x480).jpg


その敷地の一角に日本一大きい模型が展示されてます

o21 (640x480).jpg


2000年の公園オープンに合わせ、5400万円かけて1/20スケールで伽藍模型を作製。

 縦4.5m 横3m 骨組みはジュラルミン、瓦はセラミックで出来てるので劣化が少ないようです。

o22 (640x480).jpg


次に予定通り子午線公園に行ってみます。


現地の案内板がわかりにくく、何度も通り過ぎてしまいましたがようやく到着。

o23 (640x480).jpg


公園と言っても石の日時計があるのみでした。太陽が出ていないので時間は分からず。。。

o24 (640x480).jpg


o25 (640x480).jpg


他に子午線の通る市町村のマップ (明石のHPより拝借)

hyoushiki2010.jpg

①、⑤、⑦は制覇済み



最後に小野市役所の駐車場へ。


小野はそろばんが特産品。駐車場に巨大そろばんがあるので立ち寄ってみた。

o26 (640x480).jpg


そろばんの珠で2019年を表記しています。これは賢いオブジェです。西暦が続く限り使えそうです。


巨大そろばんの下部に黄金色のミニそろばんが!

o27 (640x480).jpg


祈願そろばんで 願いましては と言って何かの数字を打ち込むそうです。私は宝くじが当たるように最大の数字をはじきました。

o28 (640x480).jpg


今までは尼崎より北の京都や日本海方面、西は奈良や三重方面、南は和歌山方面が多かったのですが、前回の加西の紫電改を含め西方面にもいい所がありそうなので足を伸ばしたいと思います。


それにしてもこう長く天気が悪いと、日本には四季以外に雨期という季節を追加しなくてはなりませんね。



nice!(37)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | -