So-net無料ブログ作成

見れない入れない世界遺産!百舌鳥・古市古墳群ツーリング

8月4日 酷暑のなか台風が来る前にバイクを駆りだす。世界遺産に登録される前に行った堺の仁徳天皇陵へ行ってみる事に




温風ドライヤーを浴びながらの走行?でしたが自宅からだと阪神高速の安治川から堺でおり、なんと20分足らずで到着

n1 (640x480).jpg


異様に暑い。駐車場に観光バスはそれなりに来てるようだが外国人が少ない。

n2 (640x480).jpg


世界遺産に登録されてもそんなに変わり映えしてないような気がします。

n3 (640x480).jpg


仁徳天皇陵の拝礼所。(ちょうど前方後円の前方の真ん中あたり) 以前から言われてるが墳墓の全容が全く見れないし、入ることすらできない。 みなさん周りを歩いてすぐにどこかへ。 う~んこれでは観光客増加は見込めないか?

n4 (640x480).jpg


れいの宮内庁の看板です

n5 (640x480).jpg


堀の様子

n6 (640x480).jpg


観光案内所近くの模型で全容がわかります

n7 (640x480).jpg


n8 (640x480).jpg


その観光案内所で古墳のパンフと地図をもらいました

n9 (480x640).jpg


ブラタモリで放送してましたがこの墳墓近くまでが昔は海だったそうです。海から来る諸外国人に墓の大きさを見せつけ権力を誇示したようですが、はたして海から見えたかどうかは???

n10 (640x480).jpg


天皇陵周りは歩けるようになってます。1周約2.7km

n11 (640x480).jpg


大きさはなんとなくわかったので博物館に行ってみる

n12 (640x480).jpg


n13 (640x480).jpg


n14 (640x480).jpg


ちょうどこのような催しを開催してましたがとにかく暑さから逃れるため常設展示(100円)を見る事に

n15 (640x480).jpg


ここにもゆるキャラがいました。その名もサカイタケル

n16 (640x480).jpg


中では周りの古墳群から出土した土器等が展示されてます

n17 (640x480).jpg


n24 (640x480).jpg


仁徳天皇陵の石棺も復元模型として展示

n18 (640x480).jpg


n19 (640x480).jpg


時代変遷で巨大火縄銃もありました

n20 (640x480).jpg


n21 (640x480).jpg


菱垣廻船の半割模型も

n22 (640x480).jpg


顔だしパネルも今流行のアニメ風

n23 (640x480).jpg


100円で十分身体が冷やされたところで大仙公園内の散策へ

n25 (640x480).jpg


公園内にも当然のごとく古墳がありますが、、、

n26 (640x480).jpg


ただのこんもりとした繁みにしかみえません。

n27 (640x480).jpg


平和塔もあります。塔下部には慰霊碑みたいな石碑がありました

n28 (480x640).jpg


どら池という名の池ですが非常に綺麗な池で、市民の方々がラジコンの帆船で楽しんでました

n29 (640x480).jpg


n30 (640x480).jpg


カモも今日の日差しではさすがにぐったり

n31 (640x480).jpg


n32 (640x480).jpg


木陰で休憩中です

n33 (640x480).jpg


本当に尋常ではないくらい暑い日でした。仁徳天皇陵も少しは見る事が出来るような施設が出来ればインバウンドも期待できますが大きな繁みを見るだけではこの先が難しいような気がしました。



nice!(40)  コメント(12) 
共通テーマ:バイク